糖質オフダイエットをすることによるデメリットとは!?

最近ダイエットで注目を浴びているのが糖質オフダイエットです。

糖質オフダイエットってどんなダイエットなの?と思う方も中にはいるかと思いますが、名前のままのダイエット方法で、糖質を取らずに痩せましょうというダイエットです。

では何故糖質オフダイエットが人気なのかというと、糖質を取らないことで大幅に摂取カロリーを抑えることができるからなんですね。

糖質オフということは、白米やパン、麺類とかなり食事が制限されてしまいます。

白いご飯が大好きって方には苦痛に感じてしまうかもしれませんね。

そんな人気の糖質オフダイエットですが、やはりデメリットもあるわけです。

白いご飯や麺類が好きな方には当然食べれない苦痛感がありますよね。

それに実際に糖質オフダイエットをした経験がある方の意見を聞くと、体に様々な変化を感じたという方がけっこういます。

 

便秘になりやすくなった
体臭が気になり始めた
主食の変わりに海藻や野菜、たんぱく質(納豆、豆腐、肉、魚)を食べるので食費がかさむ

 

実際に糖質オフダイエットをしてみると痩せやすいというのは事実です。

でも必要な栄養が摂取できないというのも事実なんですね。

例えば糖質オフダイエットで白いご飯を食べないという方も多くいますよね。

でも白米には豊富な栄養素がたっぷりとつまっているわけです。

糖質オフダイエットで白米を食べないということは、白米から摂取できる栄養素も摂取できません。

食事内容も偏り気味になってしまうので、糖質オフダイエットは体への負担がかなり大きいといえます。

コメントを残す